潔癖が本を買う時。

 

わたしは図書館を利用していて、図書館本を読んだ後は手を洗う。

中古本を買っていた頃もそうだった。

 

 

軽度から重度までどれほどか分からないけれど、自分は潔癖だと思う。

 

 

一体いつからだ?と考えていたら、少なくとも中学生辺りまでは全く潔癖ではなかった。

図書室で借りた本を読んだ後、手はもちろん洗っていない。

たぶん色々なものを見て、大人になるにつれ潔癖になったのだと思う。

 

 

 

潔癖あるあるだと思っているのは、“書店の本を買う際、一番上は取らない”。

たいてい上から3つ目あたりを購入する。

理由は単純に色々な人が触っていないため、汚れや折れがないからだ。

 

 

 

こうなった理由は、学生時代に目撃した決定的な出来事だった。

 

 

その日学校帰りに書店へ行った私は、本か漫画を購入し帰宅しようと店内を歩いていた。

そして、おじさんが立ち読みしている横を通りながら見てしまったのだ。

おじさんが、しっかり鼻をほじりながら本を読んでいるのを。

 

 

むしろ鼻くそを糊(のり)にしてページをめくっているくらいの勢いだった。

その瞬間「きったねえー!!!!」と衝撃を受け、わたしはもう絶対に一番上の本は買いたくない、となったのだ。

 

 

担任が唾をつけ配布物をめくっているのを見た時も、潔癖レベルが上がったのかもしれない。

(その担任はそれだけではなく、鼻もほじる二刀流だった。)

 

 

 

潔癖は、そうでない人に比べるとしょっ中ストレスを感じることになる。

でも結局それは、自分が損だ。

これ以上エスカレートしないようにしよう、とは思っている。