小学生の気づかい

 

行きつけのファミレスで、友人と喋り倒す日のこと。

 

滞在時間が8時間になる事も ざらにあるため、トイレに行く回数は多い。

 

 

 

その日もトイレへ行くと、2つある個室がどちらも使用中だった。

 

待っていると、トイレの中から子供たちの声が聞こえてきた。

 

 

「ねえ、どうやって流すの!?」

 

「え、ちょっと待ってー」

 

 

そのトイレはボタン式で流すのだが、実は、ものすごく分かりづらい。

大人の私でも初めて使用したときは焦ったほどだ。

小学生くらいの子供には難関すぎる。

私は「たぶん、わからないだろうな…」と思った。

 

 

すると案の定、女の子がゆっくりとドアを開け、順番待ちをしている私に気づき、気まずそうにしている。

 

 

子供とはいえ、トイレ問題はデリケートだと思う。

知らない人に、流していないトイレ個室に入られるのは、自分が小学生の頃なら嫌かもしれない。

 

一瞬迷ったが、個室まで行きボタンの位置を教えながら

「ここのトイレ、分かりにくいよねえ」と精いっぱいの気休めフォローを入れる。

 

 

 

私はその個室にそのまま入ると、隣に入っていた女の子は出てきたようだ。

 

会話が聞こえてくる

 

 

「ボタン押せたの?どうやって分かったの?教えてもらったの?」

 

「えーっとね、、、」

 

 

なぜか、女の子は即答しない。

そこで察した。

 

 

ボタンを教えた女の子は、私の事をどう呼ぶのか考えている!

小学生なのに気を遣っている!

なんだか申し訳ない!

 

 

「えっとね、女の子が教えてくれた!」

 

 

私は、当時26歳やそこらだった。

彼女からしたら「おばちゃんが教えてくれた!」と言ってもおかしくないというのに。

 

 

小学生の気遣い力に、変な感動を覚えている私の元へ、トイレから出ていくドアの音と共に、二人揃った大きな声が聞こえてきた。

 

 

「ありがとーっ!」

 

 

なんて礼儀正しくかわいい子達なんだろう。

 

私は、用を足しながら応えた。

 

 

「いいえ~!(どういたしまして)」